topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足場板×鉄脚で♪ダイニングテーブル作り*工程写真 - 2015.05.16 Sat


GW中に、新居で使うダイニングテーブルを作りました。
作ったと言ってもオットがメインでがっつり作業、私はアシスタントって感じですが…(笑)

ほぼ全工程を載せているので、今日の記事は写真が非常に多い&長文です
もしよろしければお付き合いくださいね^^



∞ ∞ ∞



今住んでいるマンションに引っ越すことになったとき
オットが作ってくれたホワイトオークのダイニングテーブル。
すごく気に入っていて、これは一生モノ!と思っていたのですが、作った張本人が。

「これは新居にはちっちゃすぎる。俺は幅2000のテーブルでゆったり食べたい」 と

幅2000ってよっぽど広いよっ!? 私ら何人家族と思ってるん??w


…でも来客時などにはたしかにゆったりしてた方が何かといいなぁと思い、
新たなテーブルを探そう、ということになりました。
今使ってるテーブル、私のハンドメイド用の作業台になるかもしれません。贅沢すぎ…!!


インテリアや家具の好みって、基本的にぶれない部分はあって
ストライクゾーンみたいなものはほぼ決まっているような気がするのですが、
その範囲内でよく揺れ動きます。

例えば、シンプルナチュラルなものばかりでまとめたいと思っていたのが
アンティークをプラスしたくなったり、工業系もいいなぁと思ったり。
夫婦でその時の好みが違ったり、一致したり。
オットと私はストライクゾーンが非常に似ている為、完全対立ってことがないのが救い

家づくりをしていく中でも、けっこう途中で意見が変わったりして
お互いが譲れない部分はそちらを優先したり。
いや…振り返ってみると大部分私の好みにしてもらったような気も…

エリアごとにちょっと雰囲気を変えるかも、、、なので
できあがってみてまとまりのない家だったらどうしよう(笑)



∞ ∞ ∞



どんな感じのテーブルにする?となったとき
ダイニングは古材&鉄脚な感じのイメージしかなく、「ぼろぼろのやつっ!」と ぼろぼろて…(笑)
工業系の大きな家具をひとつ置きたいなぁと思っていたんです。

天板は足場板がいいなぁということになり、参考になる本を見たりお店を探したり。
地元にはそういうものを扱うお店がないため、関西近辺で色々と探しました。

有名どころ、TRUCKさんにも行きました。
撮影禁止!!っていたるところにあったので写真は撮れなかったけど
やっぱし素敵。スタッフさんたちもおしゃれすぎてもう絵になるったらない。

でも、できあがったものを買うよりも、せっかく家具職人のオットがいるのだから
材料だけ買って作れたらそれがベストやなぁという話になりました。

そしたら足場板を販売してるお店を発見^^
SQUAREさんというお店で、ネットショップもされてるのだけど
実店舗の場所を見ると大阪!じゃあ実物見に行けるやん♪と、さっそく行ってきました。


行って本当に良かった!

足場板と一言で言っても、かなり使い込んだ状態のものから、比較的新しくてきれいなものまで
さまざまなコンディションのものが。
これを一枚ずつ選ばせてくれたので助かりました。ネットだとこうはいかないですもんね。

お店の雰囲気がすごくかっこよくてオットも相当ツボっておりました
オーナーさん親切な方でいろいろ気軽にお話してくださって、お気に入りのお店に^^

店舗に置いてあったテーブルでどんぴしゃに好みのものがあり、
このデザインで作ろう!と、板+鉄脚を購入。
長さだけ指定通りにカットしてもらって後日配送してもらいました♪



∞ ∞ ∞



…は~長い前置きでスミマセン(笑)
ではではここからは製作に入ります~~(`・ω・´)ゝ


150516-01.jpg

私たちが選んだ足場板はこんな感じ^^

きれいすぎず傷みすぎず…なものを選んだつもりなのだけど、
my父はこの写真を見た瞬間、「汚っ!!!」と……
写真の段階でそう言われるならもう絶対ここでごはん食べられませんね。笑。

義父は実物を見たのですが、「……理解できん。」といわれました
いいもん……w



丈夫できれいな仕上がりのテーブルを作るためにはやはり使う機械が大事。
オットの会社に許可をもらって、GW中に作業させてもらいました。本当に感謝です。

私も彼の会社に行くなんてことは初めてで興奮!
誰もいないと思ってたのに、さっそく社長&副社長にお会いするという…


いざ潜入~~~



150516-21.jpg


150516-22.jpg


150516-23.jpg

完成品は得意先さんに支障があるとアレなので載せられないのですが…
製作途中の家具もたっっくさんあり、見てるだけでわくわくします!
当たり前だけど、見たことない機械だらけ!!






150516-24.jpg

高~~~い天井までそびえたつ、カットされた家具の部材たち。
NCルータという機械でコンピュータに図面を取り込み、自動的にカットされます。






150516-25.jpg

椅子やソファなどに張る布の山が!
一個一個じっくり物色したい…(笑)






150516-26.jpg

このステッカーが妙にツボ。






……と、私がワーキャー言って写真を撮ってる間に
早くもオットが黙々と作業を始めておりました(笑)


150516-02.jpg


150516-03.jpg

まず、一番端に来る部分以外のゆがんだ側面を削って平らにします。






150516-04.jpg

私は木と木をがっちりつなぐのってどうするんだろうと思っていたのですが、
目からウロコの方法で作ってたー!

以前、窓部分の面取りをしたときに登場したトリマーが再び登場。
どんな作業をしてるかというと…






150516-05.jpg

板の側面の真ん中部分に溝ができていっているのがわかるでしょうか?
この溝を、テーブルの端になるところ以外(先ほどゆがみを削り落とした部分)につけていきます。

面取りをしたときは角を丸くする刃を装着していたのですが、
こんな風にできる刃もあるのですね~。






150516-06.jpg

できた溝に、ぴったりサイズに切り出した細い板をはめ込みます。






ここでオットが、「ちょっと調合してくるけん。」といって突然いなくなり、
数分後に怪しげな液体を持って現れました(笑)


150516-07.jpg

めっちゃ怪しいでしょ?w

これは硬化剤の入ったボンドです。
混ぜる割合が決まっていて、きちんとした配合で作ると
ものすごく強力な接着力を発揮する、家具に使用されるものだそうです。






150516-08.jpg

このボンドを片側にまんべんなく塗り、






150516-09.jpg

もう片方の板を差し込んでぴったりと合わせます。
同じようにして4枚の足場板を接着。






150516-10.jpg

さらにがっちりと接着するために、クランプ(ハタガネ)という固定器具を使用。






150516-11.jpg

ボンドが乾くまでの間、こんな風にぎゅーーっと締めておきます。

他にも色々と作り方はあるのだけど、こうするとビスや釘などを一切使わず
仕上がりが美しいのだそうです。
てっきりビス留めすると思っていたので、こういう方法があるんだ~と感動しました。






150516-12.jpg

4枚の板がつながったら、今度は短辺をそろえるために少し端を切り落とします。
この機械はホームセンターで木をカットしてもらうものと同じ^^






150516-13.jpg

切り口はこんな感じ。小さな板がきれいに入り込んでますね。

…が、こんな断面が見えてしまってはテーブルとしてありえないので(笑)






150516-14.jpg

先ほどと同じ方法で溝を彫り、小さな足場板をこんな風に端につけて
しっかり接着して天板の完成です♪






150516-15.jpg

ここまでできたら、あとは脚をつけるだけ。
先週の日曜に天板を納屋に運び入れ、仕上げ作業をしました^^






150516-16.jpg

強度を増すため、メインの板と側板の両方に脚がかかるようにして
4本をビスで取り付けます。






150516-17.jpg

1本つけただけでいい感じすぎてドキドキする(笑)






150516-18.jpg

そしてそして、、、ついに完成しました!!
もう本当に…想像していた以上に好きな感じで、感無量です

長い面に3人ずつ、短い面に1人ずつで8人は余裕で座れそう。






150516-19.jpg

は~。嬉しすぎてここで早速ランチしちゃいましたよ(笑)

実際に使い始める前には一度オイルを塗り込んで仕上げようと思っています^^






150516-20.jpg

汚いと言われようと…w
このペンキ跡もたまらん


何年かしたらまた好みが変わってダイニングテーブルじゃなくなるかもしれないけど(笑)、
どんな形であっても、このテーブルは大好きなまま長いこと使っていけそうです。


そしてオットよ、色々とありがとう
この仕事しててくれてよかったなぁと、家づくりのときは特に思います。

それに何より、会社で作業してるとこを初めて見て改めて感じたのですが
仕事する男の人ってやっぱし一番かっこよく見えます

オットは、「最近俺ブログに登場しすぎちゃうん!?」と恥ずかしがっているけど
私はDIYの工程だけでなく、彼の作業姿をたくさん写真に残しておきたいなぁと思っています。

なんちって。普段はドS嫁なんですけどね





ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

ショックだったこと&納屋の壁塗り - 2015.05.09 Sat


GWが信じられない早さで終わりました(笑)

ひたすら何かしらの作業をしていた感じで、疲れが溜まってたので
休み明けにすぐ週末が来てくれてよかった…

1日だけ雨が降ったものの、それ以外はずっといいお天気でした^^



∞ ∞ ∞



GW中に悲しいニュースを2つ聞かされて凹んでいます。。。


まずひとつは、工期が大幅に遅れている=家の完成が延びるということ。
たしかに思ったより進んでいないなぁと心配になってはいたのですが、
今月末の完成には間に合わせてくれるとばかり思っていたので…

ここにきて言う!?って感じです

それも、お盆あたりの完成とか。
2か月半も遅れるとは思っていなかったのでめちゃくちゃガーン。。。


↑のことも相当な衝撃だったんですが、さらに追い打ちをかけるように、、、

今までずーーっと担当してくれてたコーディネーターの女の子が
突然今月末で退職することになってしまったとのこと。

私は正直こっちの方がショックで…
ちょっとほんと涙出るほどショックでした

相手がこの人じゃなかったらこんなに感情移入してないと思うんですけど、
めっちゃ好きだったんです、このコーディネーターさん。

他の人にはわかってもらえないような小さなこともわかってくれたり、
仕事が大好きで、この仕事に就けてることが幸せって思ってるのがすご~くわかる感じとか、
人柄もほんっと飾らなくてかわいらしくて、職人さんたちにも好かれてたと思います。

信頼できる工務店さんだとは今でも思っているのですが、
やっぱりどうしてもすべてが順調とはいかない部分もあり
家づくりの途中で、「ん?どゆこと??」って思うことは何度かありました。
それでもこのコーディネーターさんの姿勢を見て許せたこともあったほど。

なので、とっても言いにくそうに「実は…」って言われたときは
オットも私もびっくりしすぎて悲しくて言葉が見つからなかったですが…

おうちの事情で仕方ないことだったものの、半年悩んだうえでの決断だったとのこと。
仕事が好きで続けたい気持ちが大きかったので、今までの人生で一番悩んだと言っていて
その上で辞める決断をしたのだから、これからの新しいスタートを応援しています。


あーしかし、まだ少し…いやだいぶ凹んでいます(汗)
会社としてもあの子が辞めるのは相当痛手だろうと…余計なお世話な話をオットとしています

設備やら内装などはすべて決定しているので、まだよかったんですけど
家が完成するのを一緒に見届けてほしかった~><
でも、今後は個人的に末永くお付き合いさせてください♡と言ってもらえたので
住み始めたらぜひぜひ遊びに来てもらおうと思っています。






∞ ∞ ∞






家の斜め前にある築40年ぐらいの納屋↓。


150509-09.jpg


鉄筋で立派な作りなので、解体せず残すことにして
自分たちで改造しようと決意。なかなか手ごわいです

日曜日しか作業できないのでちょびっとずつしか進まなかったのですが、
昨年の12月頃から地道に頑張ってた壁塗りがやっとのことで終わりました

始めたころは真冬の極寒の中作業してたのに、終わるころにはすっかり初夏に。






150509-01.jpg

まず、高圧洗浄機で塗る面をゴ~~~ッと洗います。
汚れの上から塗ってしまうと汚れごとはがれてしまうので、これは重要。

ほんとはこの後下地剤を塗らないといけないんですけど、
もう面積が広すぎて大変すぎるので省略しましたー






150509-02.jpg

塗らない部分にペンキがつかないように
マスキングテープや新聞紙で養生してから塗っていきます。

塗る道具もね、いろいろ試行錯誤したりして。
最初はローラーで塗っていたけど、凹凸がある面なのでなかなか塗料が入り込まず
いろんなハケやらブラシで試してみて、最終的に一番きれいに塗れたのが洗車ブラシ(笑)

ごしごしと力を入れて塗るので最初は筋肉痛になったりしてましたが
毎週してたら平気になり、ちと鍛えられたかも






150509-03.jpg

手の届かない高い部分は脚立に登ってごしごし。

2人がかりで朝から夕方まで作業しても、1面の4分の1ぐらいしか塗れない!
やっぱり思っているのと実際やってみるのでは違いますね~






150509-04.jpg

誰ですかっ!?この変態的な姿は……って、わたくしです(笑)

上の方の部分を塗ってると、もうそれこそ髪も顔もなにもかも
ペンキまみれになるんです。なのでレインコートを着用。
なんでオレンジとか買ったんやろう…w
通りすがりの人がもれなくじろじろ見ていきました

寒い時は風も防げるしちょうどよかったんですが、3月ぐらいから
このレインコートがサウナスーツの役目を果たすようになってきて。笑。
毎回汗だくで服びしょびしょになって最悪な感じで家に帰ってましたw
毎日これを身に着けてたら激やせできそうです






150509-05.jpg

1階・2階部分を塗り終えて、最後の難関!
屋上部分の出っ張りです。






150509-06.jpg

これは屋上に登って作業しないとなので、はしごをかけて登ります。
ペンキを持って上がるのでちと怖かった~。






150509-07.jpg

屋上からの眺め。(南側)
め~~っちゃ見晴らしがよくて気持ちいい♪現在は田んぼになってます。

夜は絶対星がきれいだと思うので、いつか天体観測をしてみたい^^






150509-08.jpg

このあたりって今住んでるとこよりすっごく風が強いんですけど
こんな風に、身を乗り出して塗っていくので。。。
頭から落ちたら死ぬな~と思いながら東西南北の4面を無事塗り終えました






ではでは、先ほどのbeforeの写真をもう一度。


150509-09.jpg

こんな感じの、黒ずんだピンクみたいな微妙な色だったのが…








白に近いアイボリーのすっきりした色に生まれ変わりました!!
(夕方撮影したので色おかしくてスミマセン)

いや~頑張った これはさすがに達成感ありました。。。

…が、これで終わりではありません
シャッターや扉にペンキが飛び散ってるのは、ここも手を加えるので養生しなかったから。

もうちょっといい感じになるよう、さらにDIYしていこうと思っていますので
また見てやってくださいね♪


明日の日曜日はまた別のDIYです
もうちょっとで母の日ってこと忘れるとこだった…(笑)





ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mike(ミケ)

Author:mike(ミケ)
居心地のいいおうちを目指して、2013年秋にオットとの家づくりがスタート。たくさん悩んで楽しんで、2015年8月、自然に囲まれたのどかな田舎に念願のマイホームが完成しました。
でも自分たちの目指す暮らしにはまだまだ長い道のり。庭造りやインテリア、DIYなど…少しずつ、時間をかけてさらに愛着の湧く家を作り上げていきたいです。
家づくりのキロクとともに、趣味のことや日々のささやかな出来事もあわせて綴っていけたらと思っています。


かぶ(2013.7.20生 ♂)
この子もときどき登場します♪

banner01.jpg
もう一つのblog
趣味の多肉のことを書いてます。



ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックで応援していただけると更新の励みになり嬉しいです。


*メールをくださる方はこちらへ*

 

最新記事・コメント

カテゴリ

家づくり (33)
契約までのこと (3)
解体・地鎮祭 (1)
建築中 (5)
web内覧会(入居前) (12)
DIY (7)
インテリア (5)
ハンドメイド (13)
おでかけ (6)
日常 (5)

アーカイブ

検索フォーム

shopping


Amazon

ranking





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。